おいしい冷茶(水出し緑茶)を簡単に淹れる

毎日じめじめと暑さがまとわりつくような日々が続いています。
そんな梅雨の日は、さっぱりとした冷茶(水出し緑茶)で涼を味わってみてはいかが?

椿茶園のみんなも愛飲している水出し緑茶の簡単なつくり方をご紹介します。

冷茶を簡単に淹れることができるガラスボトルがおすすめです

椿茶園と耐熱ガラスメーカー、ハリオ社とのコラボボトルがあれば、いつでも簡単に水出し緑茶をつくることができます。

作り方は本当に簡単です。

1.ボトルに茶葉を入れる

ボトルにお好みの茶葉を適量入れます。

2.水をそそぐ

ボトルに水をそそぎます。

3.抽出を待つ

ゆっくり抽出されるのを待つもよし。
ボトルをゆっくり振って早めに抽出するもよし。
夜つくって、冷蔵庫に入れて、朝飲むもよし。

茶こしつきのガラスボトルなので、本当に手軽に冷茶を楽しめます。
きちんと蓋をしめておけば、斜めや横にしてもお茶が漏れ出すことはありません。
(万が一を考えてなるべく縦で保管するようにしてくださいね)

水出し緑茶をサッとつくってバッグの中にしのばせておく…これからも季節に大活躍間違いなしのガラスボトルです。

夏のギフトとしてもおつかいいただけます

椿茶園はお茶農家が運営している「農家直送」のお店です。
鈴鹿の山々を仰ぐ三重県鈴鹿市山本町(椿地区)で大切に育てられた茶葉たちをオリジナルパッケージに入れて皆さんのお手元へお届けしています。

写真は耐熱ガラスボトルと茶葉をいろいろ楽しめる一煎パックを詰め合わせたセット。
この時期おすすめのギフトでもあります。

セットに入れる茶葉は、ご自身でお選びいただくこともできます。
お好みの商品をお選びいただき、大切な方への贈り物、自分へのご褒美としてご活用いただければ幸いです。

椿茶園オンラインショップ